FC2ブログ

5.08 第3回九州未来土木in北九州 御礼

[2021.05.12]

御礼とご挨拶

IMG_2945.jpgIMG_2980.jpg

この度は「第3回九州未来土木in北九州」にご参加いただき、
誠にありがとうございました。昨今の新型感染症による状況も鑑みて行った
今回のWEB配信には約180名もの方がご参加くださいました。

ご多忙の中ご講演くださいました松田先生、乘京社長、中村先生、
講演準備にご協力頂きました北九州芸術劇場の皆様、映像関連のご協力いただいた
株式会社ワロカス様、電気・無線・通信関連のご協力を頂いた清和ビジネス様に
改めて厚く御礼申し上げます。
お陰様でトラブルなく未来土木の開催を終えることができました。

代表よりメッセージを預かりましたので、以下に掲載を行わさせていただきます。
是非ご一読くださいませ。

---*---*---*代表メッセージ*---*---*---

無事に5.08「第三回九州未来土木in北九州」を終えることができました。
北九州市さんのご協力で北九州芸術劇場大ホールをお借りできたのですが、
コロナウイルス感染症対策のため無観客となり辛かったです。
しかし、たくさんの方にwebで見て戴けたと聞きました。
ありがとうございました。

松田法子先生、
飛島建設・乘京正弘社長、飛島建設・社長秘書鴨田真人様、
中村桂子様、
勘にかけて戴きありがとうございました。
そして、
電気・無線・通信で助けて戴いた、清和ビジネス様、
映像で助けて戴いた、ワロカス様
全員参加で取組んだコイシ全社員のみなさま、
総監督の仲野敬太郎さん
ありがとうございました。
地方の土木は、なかなか勉強していく機会が無いので、
これからの行動として、
一緒に勉強出来たらと思っています。
三浦梅園さんの映画を見ながら、
中村桂子さんの本を教科書にして、勉強会をしていきたいと思っています。
何卒、よろしくお願いします。

令和3年5月13日
株式会社 コイシ
代表取締役 小原文男



スクリーンショット 2021-05-14 104359IMG_3098.jpgIMG_3100.jpg

(図:左から松田先生、乘京社長、中村先生)

---*---*戴いた感想をご紹介します*---*---*---

【建設会社】
土木のイメージが明るくなりました。

【金融関係】
非常に貴重なお話を拝聴することができ、このような機会を設けていただいた小原社長始め、ご講演いただいた乘京社長、松田先生、中村様、そして運営に携わられた株式会社コイシの社員皆様に深く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
金融機関で働く身で、実際に土木業に携わることはないですが、融資等で間接的に携わることが今後あるかと思います。そういった際に本日拝聴した「未来土木」や「環境土木」などのお考えを取り入れたサポートが行えるよう、今後も土木業界の実情や未来に関して知見を広め、土木業界で働かれる皆様やその地域の方々、そして自然のしくみを極力破壊しない正常な発展を陰ながら支援していきたい、とこの講演を拝聴し思いました。
御社の支援を私自身が直接的に行えないのが非常に残念ですが、情報提供等色々なかたちで御社の支援を今後も行えたらと考えています。
最後になりますが、本日は本当にありがとうございました。大分県もコロナが再び猛威を奮っているようですので、社員の皆様くれぐれもお身体ご自愛ください。

【役所関係】
多様なジャンルの方々なのに、伝わってくるものがまとまっていて、とても参考になりました

【コンサル関係】
本日はありがとうございました。とても有意義でした。

最近、土木を志す若者が少しずつ増えていると感じます。志望理由を聞くと、コロナ禍でも安定している点とともに、災害復旧にやりがいを覚えるという声が目立ちます。今日のテーマでもあった地域に根差した仕事を意識してくれればと期待しているところです。また、土木という世界を、環境や自然界の一環であることを意識させる構成もよかったです。こういう話の方が若者にとって、SDGsなどよりも土木がずっと身近に感じられると思います。

それにしても、巨大な防潮堤。難しい問題ですね。個人的には、復興事業にかかわらず、公共事業全般における過度な前例踏襲・横並び主義の影響が大きいと思います。昨今のコロナ禍における同調圧力ではありませんが、構造物を設計する技術者の自由度を制約し、柔軟であるべき提案や合意形成を硬直させていることが一因だと思っています。
ありがとうございました


---*---*---*---*---*---

最後にはなりますが、この未来土木を通してより多くの人に
・人の生物的弱さに起因する、新しいことを"開拓する"力と様々な方向へ"開拓"を続ける意識を持つ
・等身大の大きさのグループが『人は自然の一部である』という自覚を持ち、
 その土地や自然を生かす考え方や行動を起こす
きっかけとなり、我々自身も日々の仕事から意識し行動したいと思います。
記事の最後にはなりますが今回は誠にありがとうございました。

| Trackback(0) | ニュース

第71回 コイシ塾レポート「トンネル工事と現場監督」

[2021.02.26]

第71回目のコイシ塾は、現在も色々とお世話になっている
五洋建設株式会社 土木部門 土木本部 土木技術部
専門部長 前田智之様をお迎えして開催しました。

弓張TNの現場でも大変お世話になっており
「トンネル工事と現場監督」と題してご講演いただきました。

コイシ塾_五洋_前田様①



トンネル工事の流れや、現場監督としての役割も
自身のこれまでの経験を通してお話・動画をみせていただいたので
非常にわかりやすく、弊社の若手もイメージがしやすかったようです。

「掘ってみないとわからない」
トンネル工事は常に自然(山)と対話し向き合いながらの連続なんだと感じました。

様々な現場でICT・AI化が進むなか、「技術力とセンス」という
言葉は今後の道しるべになるのかなと思いました。

また、トンネル工事での、言い伝えなども教えていただきました。
・山は女性が神様だから、女性は工事に関われなかった。
(注:現在は違います)
・口笛はふかない
・お茶漬けは食べない
......

コイシ塾_五洋前田様②
コイシ塾_五洋前田様③


一同が凄いと感じたのは
忙しい業務の中資格を取り、更には趣味(サーフィン🏄・登山)を
行った先々でも楽しみ、またご家族との時間も大切にされているところです。

少し別物のように認識していた私共としては反省です。

今回の講演で、コイシの原点(現場監督を助ける)を想い返すきっかけにもなり、
若手にも良い見本の方との出会いになったのではと思います。

前田様
ご講演、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

| Trackback(0) | コイシ塾レポート

第69回 コイシ塾レポート「自然のしくみを解く学問から人生哲学を学ぶ「大地変動の時代」に九州で生き抜くために」

[2020.10.26]

第69回コイシ塾は京都大学大学院 人間・環境学研究科 教授
鎌田浩毅様をお迎えして開催となりました。

第69回コイシ塾_鎌田先生第69回コイシ塾_鎌田先生②

先生は大分にも通産省時代によく来られていたそうで懐かしいと仰ってました。
火山に強く興味を抱いたのも恩師(小野晃司様)の影響だそうです。
(弊社にもオノコウジが居ます...)

地球には約11枚のプレートがあって、それが沈み込んだりはね返る力で地震が起こる。
東日本大震災では、約5.3m日本列島が東に動いた。
これをきっかけに1,000年に一回の活動期に入った。
この10年で我々も見て感じてきたのでリアルに響きます。

この東日本大震災よりも大きい被害が想定されるのが
我々もよく聞く南海トラフ地震です。
東海・東南海・南海・日向灘が連動して起こると言われています。
先生はこれを【西日本大震災】と呼んでいます。
呼び方を変えるだけで、何故か響き方が違ってきます...

そして先生は、この西日本大震災は
2035年±5年で起きると仰っています。
「過去は未来を解くカギ」
過去に起こった、東海・東南海・南海をみると見えてくる。

30m級の津波が3分で到達してしまう。
被災人口が6千万人
220兆円の被害
復興に20年で1520兆円(土木学会想定)

自分の命、コニュニティーをどう守るのかこの15年間のうちに、
真剣に考えないといけないなと学びました。

現在日本の中で、安全な都市はとの質問には
「京都」
・水に困らない(湧水が豊富)
・五階建て制限がある(電気・水道等が止まっても人力で暮らせる階数)
・京大から情報収集ができる

学生の現在と昔を比べるとどうですかとの質問に
SNSもあり大きく変わってきた...が
目の前の3人に伝わってるかを大切にしている。

その他にも火山の話やファッションの話がありました。
先生は伝えるのが好きと仰っていましたがそれが伝わってくる熱量でした。
私共も、先生から教えてもらったことを伝えていきたいと思います。
先生、ありがとうございました。!!

| Trackback(0) | コイシ塾レポート

第68回 コイシ塾レポート「橋梁の基礎知識と風による長大橋の揺れについて」

[2020.09.23]

前回からおよそ一ヶ月ですが、第68回 コイシ塾を開催いたしました。
今回の講師は九州工業大学 名誉教授 久保喜延様です。

前回講演戴いた出光先生にご紹介いただき、
これまで様々な橋梁で設計をされてきた、久保先生にお願いしました。
タイトルは
「橋梁の基礎知識と風による長大橋の揺れについて」
     ~超長大橋の実現に向けて~

9.4コイシ塾①


基礎知識として橋の分類・種類から教えていただきましたが
普段何気なく通っている橋にも用途・材料・形式により分類があるんだなと改めて学びました。
「構造力学」、「振動学」についても模型を使いながら説明いただきましたので
用語や複雑そうな計算式はよくわかりませんでしたがイメージはできた気がします(笑)

1940年にアメリカで起きたタコマ橋崩壊事故では
19mの風によりねじれ振動し橋が波を打ちながら崩壊してしまうという映像は衝撃的でした。

また明石海峡大橋の建設時の裏話もお聞きしました。
阪神大震災時、建設中だった明石海峡大橋ですが
地震で橋脚が動き1991mになったそうです。(本来は1990m)
橋の設計をするにあたって、【風】が最大の敵ですが
タコマ橋事故から様々な研究、技術の進歩があってこそ
明石海峡大橋など色んな長大橋が建設できたんだろうなと感じます。

伊良部大橋の建設時に、景観優先ではなく
安全を第一に考えた役所の方が居たなど
自然環境との共生を考える設計者の方も多いと知り
嬉しく感じました。

先生が関わられている、角牟礼城跡地を
弊社のUAVレーザーで計測する予定ですので
今後も先生にご指導いただきたいと思います。

先生、お忙しい中ありがとうございました。


| Trackback(0) | コイシ塾レポート

大分合同新聞 GXビジネス『リーダーズボイス』

[2020.05.25]

大分合同新聞 4月14日号のGXビジネスの『リーダーズボイス』に
弊社代表のインタビューが掲載されましたのでぜひご覧いただければと思います。

2020.4.14リーダーズボイス

*上記写真をクリックすると、PDFファイルをご覧いただけます。

| Trackback(0) | ニュース

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍未来土木講演会講演福岡市北九州市九州未来土木コイシ塾五ヶ山ダムドローン東京理科大大分川ダム鶴田ダム博多三浦梅園3次元伊良原ダム体験教室i-Constructionこいし小町ドローンレーザー国東市産学官連携研究センターCAD講座異業種交流京都造形芸術大学3次元計測フォーラム京都造形大学道守こどもコイシ塾長崎:新技術・新工法講習会夏休み大分大学ワークショップ大分産学官連携宇宙と地球と太陽3次元計測長崎大学茶室プロジェクト出水市九州びいきトプコンソキアスタッフ通信別府湾会議3D北九州FAISけんせつ小町土木ファブ祭り3Dレーザースキャナー九州農園TheSpa土木計算機3Dレーザースキャナーリラクゼーションサロン丁張マン測量電卓商品紹介産学官RIEGLVZ-2000測量計算機大分県経営者協会コイシ,ながさき建設技術フェア3DCG熊本鹿島E賞丁張マンの機能丁張り医工連携ロボット衛星測位利用推進センター入社式大分合同新聞プログラミング学習七島イ赤色立体図九州大学SHITOI小倉事務所九州工業大学角牟礼城跡玖珠町五洋建設様森林の多面的機能三井物産フォレスト橋梁京都大学南海トラフ地震ながさき建設技術フェア2018まちづくりたけた大分県小石原川ダム飛島建設様国東半島国見ユースホステル九州地方発明表彰「大分県知事賞」異業種交流会菅組様講習会建設機械施工3DプリンターSPAR2017J朝倉災害シュレディンガーの猫30周年高尾山自然公園そうめん流しSPARJ十時花園碧い海の会日経コンストラクション