北九州:ウーマンワークカフェ ブース出展

[2017.07.19]

弊社の北九州開発事務所もありますAIMビル、
この2階に、女性の「はたらく」を応援する、
「ウーマンワークカフェ北九州」様があります。
http://www.woman-work-cafekitakyu.com/

7月8日、この、ウーマンワークカフェ北九州様の
開設1周年を記念したイベント「誕生祭~Summer family cafe~」が、
北九州国際会議場で行われ、そこで、弊社も、コイシのこと、そして、コイシでの
働き方のこと(勤務制度・在宅・子連れ出社OK等)をご紹介する、
ブースの出展を行いました。

ウーマンワークカフェ 1周年誕生祭

女性の働き方として難しいのは、
男性に比べて、ライフイベント(結婚、出産、子育て等)における、
働き方への影響が大きいことがあるかと思います。

「働きたい! でも…」と不安を持たれている主婦の方々も
多くいらっしゃる中で、今回は、コイシの多様な働き方に焦点をあて、
コイシで子育てをしながら働いているメンバーの声を、
直接お話をさせていただきました。

*会場入口
ウーマンワークカフェ②

*コイシブースの様子
コイシブース

会場は、お子様連れの方が多く、
お子さんを対象にしていたイベントやショップもあり、
多くの方がいらっしゃっていました。

当日は、弊社社長も、ブースにおり、
社長に会われた方々は、「社長は女性だと思っていました!」
と驚かれていました。

こういった機会に、自分自身の子育てと仕事を始めた経験を
お話していく機会を持つことができ、それが、働きたい女性を
後押しできることは、とても嬉しいことです。

また、様々な方のお声をダイレクトに聞くこともでき、
ますます、頑張っていこうと思った1日でした。

ウーマンワークカフェ④ ウーマンワークカフェ⑤

ご来場戴いた皆様、ありがとうございました。

| Trackback(0) | ニュース

【6月15日、SPARJで発表をさせていただきます】

[2017.06.12]

6月15日(木)、「SPAR2017J 3次元計測フォーラム」にて、
コイシ女性メンバー:こいし小町が、発表をさせていただきます。

こいし小町

発表資料掲載から、約1週間、18万アクセスをいただき、
多くの方にご覧いただき、応援いただけること、身が引き締まる思いです。

当日、会場では5人のこいし小町がお話させていただく他、
web会議システムを用いて、各拠点:大分・国東・福岡のこいし小町が、
参加をさせていただきます。

また、会場:4F展示場にブースも出させていただきます。
会場にて、こいし小町を見かけましたら、お声かけいただけますと幸いです。

■SPAR2017J 3次元計測フォーラム
http://sparj.com/SparJ/Spar2017J/chirasi1.pdf
///////////////////

■タイトル
女性が活躍できるi-Construction~その図面 私たちがチェックします~

■概要
国土交通省により、i-Constructionが提唱されたことで、
3次元計測・3次元設計モデル作成が不可欠となりました。コイシでは、
3次元設計モデルの作成・図面チェックは、女性技術者にて行っています。
3次元設計モデルの利活用方法と、土木業界における女性の働き方と強み、
各拠点との業務連携をするために活用している、web会議を用いた中継と
合わせてご紹介させていただきます。

■こいし小町
2011年夏に誕生した、コイシの女性技術者チーム。
土木工事測量、土木支援商品の開発・販売を行う会社で奮闘中。
勤務スタイルは、フレックスタイムに在宅、子連れ出社など様々。
長期休みには、社内では子どもたちの元気な声が響く。積極的に現場も訪問。
クリスマスやバレンタインには、ダム現場で働くすべての方々に感謝の気持ちを
込め、手作りのお菓子をお渡しする等、女性ならではの企画も行う。
目標は、女性だけのプロジェクトを立ち上げ、女性だけで売上を上げていくこと。
土木業界に、こいし小町が新しい風を吹き込みます!

■発表資料 リンク
http://www.sparj.com/SparJ/Spar2017J/speaker/koishi.pdf

///////////////////






| Trackback(0) | ニュース

未来土木 最後に

[2017.03.14]

2月7日、「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」、
弊社社長の挨拶を最後に、2.07については最後の更新とさせていただきます。

2月7日を行うにあたり、大変お世話になりました。
誠にありがとうございました。

/////////////////////////////

コイシ代表として、もうまもなく、土木を去っていく人間として、
少しでも土木が良くなっていくには、今の国交省、県土木、市町村の土木だけでなく、
自然の仕組みを知っている方々の望む土木が生まれていくと、
日本国土を造っていく新たな、未来土木になっていくと思っています。

環境省に取り組んでもらいたい土木。
文科省に取り組んでいただきたい土木。
そして、国交省の土木。

日本全国の国土創りは、360度視点で考えていく必要があると思っています。
そして、その行動が地方創生の土台になっていき、
地場建設業に若い、夢ある人たちが集まって、
活気あるやりがいある未来の建設業になっていくと信じています。

今回の「 2.07未来土木 ~人と自然とやりがいの共存を目指して~ 」が
考えるきっかけになり、国をも動かすものになっていくことを念じ、
挨拶とさせていただきます。

平成29年2月7日
株式会社 コイシ
代表取締役 小原文男
/////////////////////////////




| Trackback(0) | 講演・勉強会

未来土木(こぼれ話③)

[2017.03.11]

2.07、「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」、
前回は、講演会テーマについてご紹介をさせていただきました。

一部のメンバーだけではなく、コイシメンバーみんな、
文字通り全員で悩んで考えた講演会テーマ。

みんなで考えたのは、講演会テーマだけではありません。

講演会ポスターも。
(当日使用ポスター)
ポスター

(ポスター案とその集計結果)
ポスター案

当日、ご来場者いただいた方にお渡しさせていただいた
オリジナルデザインのお水も。

水デザイン案

オリジナルデザインのバッグもボールペンも。
すべて、みんなで考えて、みんなで決めて準備をした講演会でした。

グッズ


そんな手作り講演会。
そして、終わった後には…

2月11日が誕生日である弊社代表のサプライズのお祝いを、
少し早いですが、みんなで行いました。
(ちなみに、2月11日、江戸時代に測量を行い、
日本地図をつくった伊能忠敬と同じ誕生日です。)

誕生日① 誕生日②

今年は、たて:30㎝×よこ:40㎝×高さ:7㎝という、大きなケーキも準備。
みんなでお祝いをしました。
これまで準備してきたことが実を結び、無事に1日を終えることができ、
ホッとしながら、最後にみんなで美味しくケーキを食べた2月7日でした。

| Trackback(0) | 講演・勉強会

未来土木(こぼれ話②)

[2017.03.10]

2.07、「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」、
今回は、そもそも、どうして講演会テーマが、
「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」になったのか…?
そのエピソードについてご紹介をします。

今回の講演会、当初より、一部のメンバーで進めるのではなく、
当日まで、コイシメンバーをはじめ、
コイシを応援くださっている方々、講演者の方々などみんなで、
「どういった講演会にしたいか」、「どういった講演会にしていくか」、
悩んで考えて、みんなで準備をしてつくりあげていきたい!
その思いが強くありました。

そのため、講演会のテーマについても、
弊社の社長が決めるのではなく、講演会の実行委員会のメンバーが決めるのではなく、
みんなで自由に意見やアイディアを出し合い、決定していきました。

まずはそれぞれから「これがいい!」と思うテーマ案を出してもらい、
そこからさらに意見を出し合い、それでも、よい案ばかりで決められず、
最終的には多数決で決定をしました。

その時に出た案が、下記のものです。

①

いろんな視点からいろんな意見が出て、
メンバーそれぞれの個性が出ている案ばかりです。
そして、どれも土木への思いが詰まった案、
未来への期待が込められた案ばかりです。

これらの中から、みんなからの共感の多かった、
「未来土木~子どもたちに豊かな自然を~」という案と、
「土木の未来地図~人と自然とやりがいの共存を目指して~」の案を組み合わせ、
「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」に決定しました。

コイシメンバーのそれぞれの思いがぎゅっと詰まった講演会テーマ。
このテーマのもと、コイシメンバーにとって、2月7日は、
とても貴重でとても大切な、新たな一歩を踏み出した1日でした。

また、今回、会場で掲げていた講演会テーマが書かれた横断幕。

横断幕①

こちらは、弊社社長の同級生で、書道の先生をしている方に、
宮崎県から大分までお越しいただき書いていただいたものです。

当初、印刷会社様に頼んで作成をした横断幕を使用する予定で準備をしていました。
が…リハーサルの段階で、会場で実際に掲げてみて、位置や見え方を見てみると、
「イメージと何かが違う…やっぱり、手書きの文字でテーマを書いていただきたい…!」
と思い至り、急遽お願いをし、書いていただきました。

横断幕②

横断幕だけではなく、受付の案内表示や講演者の方々のお席に
置かせていただいたお名前の紙、配布資料の「未来土木」の文字なども
書いていただいたものです。

横断幕③

印刷された文字とのあまりの違いに気付かされますし、
何より文字に命が吹き込まれたように感じます。

そんな、みんなの思いが詰まった講演会テーマに横断幕、
いかがでしたでしょうか?

講演会は終わりましたが、これからも「未来土木」に向け、
新たな取り組み、新たなチャレンジをしていければと思っています。












| Trackback(0) | 講演・勉強会

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ