国東:茶室プロジェクト:WS(ワークショップ)のご案内

[2017.03.17]


春休み子ども家づくり体験教室

現在、国東市・東京理科大学・コイシの連携の一環として進めている、
国東:茶室プロジェクトですが、今回、小学校4・5・6年生を対象とした
ワークショップ(体験型教室)を開催することとなりました。

目下にはキャンプ場もあり、
菜の花の間から見える姫島もとても綺麗です。

「小さいお子様の参加もOK、途中からの参加もOK」です。
27日(月)のワークショップ終了後は、お餅まきもあるので、
後半部からの参加もお待ちしています。

参加を希望される方は、3月21日(水)頃までに、
国東営業所:097-864-6040までご連絡ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆茶室ってどうなっているのかな??つくりを学んでみよう◆
東京理科大学の先生や学生さん、地元の建築家さんと、
茶室づくりを体験しましょう♪

《詳細》
時間:9:00~12:00(約2時間半)
日程:3/24(金) 対象:小学4・5・6年生
    27(月) 対象:小学6年生
    28(火) 対象:小学6年生
※27(月)はWS終了後、市長挨拶・餅まきをします。

内容:
茶室の天井・壁・床の裏側がどのようにできているのか、
実際に体験しながら学んでいきます(日程により内容が少し異なります)。

開催場所:国東半島国見ユースホステル
http://kunisaki-yh.com/

◆注意
3/24(金)、28(火)は人数の関係上、開催しない可能性もあります。
ご留意ください。開催中止もしくは雨天中止の際は、
22日(水)までにメールにてご連絡させていただきます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ご参加、お待ちしています。

| Trackback(0) | ニュース

国東:茶室プロジェクト

[2017.03.17]

前回お知らせさせていただきました、産学官連携の共同研究の一環として、
以前(2014年8月)コイシ塾にて講師もしていただいた、
東京理科大学工学部:伊藤拓海先生と、
このたび、国東市にて共同研究を行うこととなりました。

伊藤先生の研究テーマである
『自然災害により建物が壊れても人命を守る・建物の継続再生使用
(鉄骨構造を主としたハイブリッド構造)』を主目的に、現在、まずは
国東市国見町伊美のユースホステル様の敷地内で茶室をつくっています。

茶室プロジェクト①

壊れても人に害を与えない壊れ方の設計を行い、
次世代型の安全や安心のあるべき姿を目指し、
国東の地での新たな挑戦の一歩です。

高齢化社会・空き家対策・自然災害など、
地域が抱える様々な問題の解決も目指しています。

茶室づくりの様子は、伊藤先生の研究室のHPからも見ることができます。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tito-lab/KPro/KPro.html

内外壁には、木壁をあらわしで使用することで、高い耐震性を確保するとともに、
木の素材感を全面的に表現します。
鉄骨骨組の接合部は、嵌合式による新しい工法を採用しています。
建物が損傷しても、これら2つの耐震要素の取替えが容易なため、
迅速な復旧・修復を可能とします。

損傷制御と、高レジリエンス(早くて高い回復力)のシステムにチャレンジしています。


コイシは、3Dレーザースキャナ、UAVを使用しての3次元計測等でも、
プロジェクトのサポートをさせていだたいています。

茶室プロジェクト③

国東の地元の方々や子どもたちと一緒に、進めていきます。
このプロジェクトについては、今後、下記にて更新していきますので、
チェックいただけると幸いです。

3Dモデルと遊ぶ空間 コイシ

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。







| Trackback(0) | ニュース

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ