FC2ブログ

インターンシップ~現場体験~

[2006.09.15]

 平成18年9月15日、コイシの社員の方に地下水位・ひずみの計測に参加させていただいた。初めての現場での作業はとても原始的なものであった。


09150001.JPG  小雨が降る曇りの天気。場所は別府市内の山中。地すべり危険区域。このような区域をもつ自治体から6月(梅雨時期)~9月の間に調査依頼がくるそうだ。

09150002.JPG まず最初の作業は地下水位を測定する作業。ロープをひたすら下ろしていく。地面に触れたら引き上げ、濡れている部分のロープの距離を測る。

09150003.JPG 画像左側にあるのが電線の束。1mごとの筒のひずみを測る線であり電流測定装置に取り付けて測る。+と-を測り
距離
1M+30-30
といった具合になる。数字はアンペアでこの2つの極の絶対値が大きいと筒のひずみが激しいというのが分かり、地盤の動きが分かる。

09150004.JPG 画像右の筒の遠方に地面を指す針がありその針の動きを測定する装置である。この装置によって地盤の動きが分かる。

09150006.JPG 山の少し奥まで登り同様の測定を行った。中央左の白いボックスの中画像、上2つの装置が入っていた。ここでは蚊との戦いであった。現場作業は午前中いっぱいまでだったので、この場所を最後に帰社した。



現場体験を終えて

 今回参加させてもらった地下水位・ひずみの計測は、素人の自分にもできる比較的簡単な作業であったが、設置場所がいくつもあるので多くの時間を要した。また場所が場所だけに環境面が特に作業の妨げになった。感想としては民家前で作業を行っていたのだが、住民の人から「ご苦労様です。」と普段言われたことがない言葉が新鮮だった。地下水位を測る筒などは路上のいたる所にあると思うので、今後目に付いて仕方がないかもしれない。

| Trackback(1) | 講演・勉強会

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍講演会未来土木福岡市五ヶ山ダム講演九州未来土木ドローン北九州市コイシ塾大分川ダム東京理科大鶴田ダム博多体験教室伊良原ダムこいし小町国東市産学官連携研究センターCAD講座京都造形芸術大学3次元三浦梅園3次元計測フォーラム異業種交流こどもコイシ塾i-Construction長崎:新技術・新工法講習会京都造形大学ドローンレーザー大分大学大分茶室プロジェクト3次元計測九州びいきトプコンソキアワークショップ産学官連携夏休みスタッフ通信出水市3DレーザースキャナーCG農園丁張マンの機能大分県経営者協会測量電卓産学官別府湾会議コイシ,ながさき建設技術フェア3D3D九州3Dレーザースキャナー土木計算機ファブ祭りリラクゼーションサロン測量計算機丁張マンRIEGLTheSpa商品紹介VZ-2000丁張り鹿島E賞九州地方発明表彰「大分県知事賞」シュレディンガーの猫30周年まちづくりたけた朝倉災害高尾山自然公園碧い海の会そうめん流しながさき建設技術フェア2018赤色立体図プログラミング学習ロボット宇宙と地球と太陽七島イ九州大学SHITOI十時花園SPARJ日経コンストラクション菅組様講習会熊本FAISけんせつ小町北九州建設機械施工異業種交流会3DプリンターSPAR2017J国東半島国見ユースホステル医工連携大分県小石原川ダム土木