2010年10月6日 情報化施工現場見学会

[2010.10.09]

2010年10月6日(水)に九州地方整備局様主催で行われた、情報化施工現場見学会に参加して来ました。
弊社からの参加者は、女性3人です。

今回の見学会は、TS出来形管理システムの紹介及び説明が主な内容となっていました。
情報化施工とは?という所から始まり、株式会社建設システム様のTS出来形管理システムのご紹介をしていただいた後、朝日工業株式会社様が施工されている現場で、SRX(自動追尾自動視準TS)と建設システム様のTS出来形管理システムを用いて、実際にデモンストレーションをするという流れでした。

情報化施工現場見学会
▲デモンストレーションの風景


参加させていただき、

・施工の流れに沿った、ソフト間でのデータ共有ができると簡単で便利!
・SRXはやっぱり便利。TS側に人が居なくて良いことで、沢山のメリットがある

という感想を持ちました。


弊社開発商品で、只今予約受付中の『Pocket丁張マン』も、
これから色々な方に使用していただいて、施工の効率化の手助けをしていけたらいいなと改めて思いました。

また、情報化施工で扱う設計データ等の多くは3次元データとなるため、
説明会内でも、この3次元データを作るのが大変だったと仰っていました。
3次元は弊社の得意分野でもありますので、3Dレーザースキャナでの現況計測と設計モデル作成や 3次元データ入力などでも、皆様のお役に立てればと思っております!


今回の見学会はとても勉強になりました。
情報化施工現場見学会は、今後も
=========================
2010/11頃 鹿児島 鹿児島220号 古江バイパス古里地区改築工事【マシンコントロール技術(グレーダ)】
=========================
2010/11/5 宮崎  東九州道(県境~北川)家田1号函渠工外工事【TSによる締固め管理技術】
=========================
2010/12頃 佐賀  永田地区外堀削築堤工事【TS/GPSによる締固め管理技術】
=========================
が予定されているようですので、是非参加されてみてはいかがでしょうか。

詳細及び参加申し込みは九州地方整備局様「公共事業における情報化施工の概要」から


尚、この見学会の詳細な内容が大分建設新聞様の2010年10月8日に掲載されています。
是非ご覧になってみてください。




//////////////// 追記(12月13日) /////////////////////////
次の見学会の日程が決定しているようです。

2010.12.17 鹿児島 鹿児島220号 古江バイパス古里地区改築工事 マシンコントロール技術 (グレーダ)

2010. 1. 7 佐賀  永田地区外掘削築堤工事(雨天中止) TS/GPSによる締固め管理技術 TSによる出来形管理技術

////////////////////////////////////////////////////////////

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

| Trackback(0) | 講演・勉強会

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ