FC2ブログ

26期スタート

[2013.10.03]

本日、「祝25周年感謝を込めたサプライズ」としてみなさまから、
あたたかい「LOVEメッセージ」寄せ書きと、
二つのプレゼント(パーカー二色ボールペン&スターバックス製・ステンレス水筒)を
戴きました。
ありがとうございました。

非常に嬉しいです。
本当にありがとうです。

確かに寄書に書かれていたように、体調は落ちたなと痛感していますが、
おかげでその分、こころというか、
人間の教育はどうあるべきだったのかを少し考えるようになりました。

まっさらな状態で人間の役割を考えたら、一つは80数年の寿命の中で、何を学び、
どこに幸せを感じ、なんのために生まれてきたのか。

本来なら、もっともっと伸び伸びと自分を試しながら、
人の目を気にしないで生きていけたら、良かったのかも知れない。

あの天才と言われたアインシュタインですら、
世の中を悲観し、最後は逃避していた気がします。
それは、どうしてか。
そのようなことを考えていると、どんな会社が生き残っていくかは、
ほぼ明快な答えが返ってくる。
それは、人間としてその都度・その都度、社員が考えて・考えて、
仕事をしていく会社である。
作業・ワーカーをさせない会社である。
そのためには、どうしていけばそれが出来るかになるが、
その考えは、究極というより、当たり前なんだが、
考えさせないでただ働けばよいとしてきた
自分を頭の良い人間と思っている一部の人たちが、
そうしてきたのかも知れない。
視点を変えると私もそのタイプだったのかも知れないが、
必死さがそうさせたと弁解できる、
ただ、このやり方では、未来は近づかない。
それを望んでいる人がいる(俺は言われたことをする人間)という人も確かにいるが、
私は本当は能力が高いからそうしていると思っている。
自分の分析をしているからだ。

そういう人の方が、自分の能力を知っているから、
いろんな手配・準備が出来る人ではと、私は思ってしまう。
能力が無い人(自分の能力を分からない人)ほど、上を目指すとよく言う。
私もそうなんだろうと思うが、今までの時代の経営能力は乏しいかも知れないが、
これからの時代の経営能力としは、それなりに大丈夫と思っている。
世の中に必要なものを作って世に出し、
世の中に必要な学校をイメージし、それを造り、
世の中に必要な会社を目指していきたいですね。

これからも、よろしくお願いします。
ありがとうございました。

小原文男

| Trackback(0) | ニュース

第53回 コイシ塾レポート『心が変われば、人生が変わる』

[2013.10.02]

久しぶりのコイシ塾。
第53回目は、25期 9月13日 決算月に行いました。
近年回数が減っております。福岡では、五ヶ山出張所が稼働し始めるなど
新たに大きなステップを踏んでいます。
今回、これから(未来)と向き合う上で
IMSグループ 戸塚記念病院 事務長 二宮克行様にご講演頂きました。
大変ありがとうございました。

内容は、「心が変われば、人生が変わる」
二宮様の実体験から生じる言葉は、力強く、とても印象に残りました。

face

まずは、緊張をほぐすところから始まりました。
「アイスブレイク」
自分自身のライフサークルを書き出し、夢を仲間に伝え合いました。
個々にある夢と向き合い、言葉にして、人に伝える(語り合う)機会は
身近にあるようでない時間であり、非常に貴重なひとときでした。

lifecycle2 talk3

講演時に度々出てくる「自分の心を支えた言葉」
人生という自分自身に問いかける、向き合う言葉を
実際の言葉に出し、日々チャレンジする言動(有言実行)は、
日常の取り組みを見直す良いきっかけとなりました。
また、時より出てくる ユーモラスある現代語(やれるもんならやってみろ<半沢氏>)等を
交えながら、面白さ、辛さ、一生懸命さなど、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

mindword

最後には、心の変化から、考え方、意識、行動、習慣、人格、運命、
人生の変化へとつながる道を導いていただきました。

また、「コイシ塾とは」を最後の最後に、ご発言頂き
コイシ塾の原点、足元に気づかされました。


=== コイシ塾とは =========================
①いろいろな人の生の声を聴く
②男性は女性の素晴らしさに気づく
 女性は男性の素晴らしさに気づく
③受験とは、関係のない真の勉強を考える

いろいろな生き様(考え方)を聴き
そして自分の視野の狭さに気づいてもらうこと
また、学習する算数は公式を覚えず
原理原則を学ぶことを重要と考える塾
===========================================

bow5

心動く 講演でした。
ありがとうございました。

感謝

| Trackback(0) | コイシ塾レポート

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ