FC2ブログ

未来土木(こぼれ話②)

[2017.03.10]

2.07、「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」、
今回は、そもそも、どうして講演会テーマが、
「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」になったのか…?
そのエピソードについてご紹介をします。

今回の講演会、当初より、一部のメンバーで進めるのではなく、
当日まで、コイシメンバーをはじめ、
コイシを応援くださっている方々、講演者の方々などみんなで、
「どういった講演会にしたいか」、「どういった講演会にしていくか」、
悩んで考えて、みんなで準備をしてつくりあげていきたい!
その思いが強くありました。

そのため、講演会のテーマについても、
弊社の社長が決めるのではなく、講演会の実行委員会のメンバーが決めるのではなく、
みんなで自由に意見やアイディアを出し合い、決定していきました。

まずはそれぞれから「これがいい!」と思うテーマ案を出してもらい、
そこからさらに意見を出し合い、それでも、よい案ばかりで決められず、
最終的には多数決で決定をしました。

その時に出た案が、下記のものです。

①

いろんな視点からいろんな意見が出て、
メンバーそれぞれの個性が出ている案ばかりです。
そして、どれも土木への思いが詰まった案、
未来への期待が込められた案ばかりです。

これらの中から、みんなからの共感の多かった、
「未来土木~子どもたちに豊かな自然を~」という案と、
「土木の未来地図~人と自然とやりがいの共存を目指して~」の案を組み合わせ、
「未来土木~人と自然とやりがいの共存を目指して~」に決定しました。

コイシメンバーのそれぞれの思いがぎゅっと詰まった講演会テーマ。
このテーマのもと、コイシメンバーにとって、2月7日は、
とても貴重でとても大切な、新たな一歩を踏み出した1日でした。

また、今回、会場で掲げていた講演会テーマが書かれた横断幕。

横断幕①

こちらは、弊社社長の同級生で、書道の先生をしている方に、
宮崎県から大分までお越しいただき書いていただいたものです。

当初、印刷会社様に頼んで作成をした横断幕を使用する予定で準備をしていました。
が…リハーサルの段階で、会場で実際に掲げてみて、位置や見え方を見てみると、
「イメージと何かが違う…やっぱり、手書きの文字でテーマを書いていただきたい…!」
と思い至り、急遽お願いをし、書いていただきました。

横断幕②

横断幕だけではなく、受付の案内表示や講演者の方々のお席に
置かせていただいたお名前の紙、配布資料の「未来土木」の文字なども
書いていただいたものです。

横断幕③

印刷された文字とのあまりの違いに気付かされますし、
何より文字に命が吹き込まれたように感じます。

そんな、みんなの思いが詰まった講演会テーマに横断幕、
いかがでしたでしょうか?

講演会は終わりましたが、これからも「未来土木」に向け、
新たな取り組み、新たなチャレンジをしていければと思っています。












| Trackback(0) | 講演・勉強会

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍講演会未来土木福岡市五ヶ山ダム講演ドローンコイシ塾九州未来土木北九州市大分川ダム東京理科大鶴田ダム博多伊良原ダム体験教室こいし小町国東市産学官連携研究センターCAD講座京都造形芸術大学ドローンレーザー3次元3次元計測フォーラム異業種交流三浦梅園京都造形大学i-Construction長崎:新技術・新工法講習会こどもコイシ塾トプコンソキア3次元計測宇宙と地球と太陽大分茶室プロジェクト大分大学九州びいきスタッフ通信ワークショップ産学官連携夏休み出水市3D産学官CG3Dレーザースキャナー農園別府湾会議測量電卓丁張マンの機能3Dコイシ,ながさき建設技術フェア大分県経営者協会九州丁張り3Dレーザースキャナー測量計算機TheSpa土木計算機ファブ祭り丁張マンリラクゼーションサロン商品紹介VZ-2000RIEGL鹿島E賞大分県朝倉災害シュレディンガーの猫30周年高尾山自然公園そうめん流し十時花園碧い海の会まちづくりたけたながさき建設技術フェア2018プログラミング学習ロボット七島イSHITOI赤色立体図九州大学SPARJSPAR2017J日経コンストラクション菅組様講習会熊本FAISけんせつ小町北九州建設機械施工異業種交流会国東半島国見ユースホステル3Dプリンター医工連携小石原川ダム九州地方発明表彰「大分県知事賞」衛星測位利用推進センター土木