fc2ブログ

第65回 コイシ塾レポート「太陽と地球」

[2019.03.22]

第65回目のコイシ塾は、一般財団法人 宇宙システム開発利用推進機構の
高山久信 様をお迎えして開催致しました。

コイシ理念に「宇宙のしくみ、自然の原理原則を学び知り、地球でうまれた人間としての役割をみつけ.....」とあり
講師として適任だということで今回お願い致しました。
高山様は大分県出身でもあり、これまで宇宙関連プロジェクトでは
「きぼう」「こうのとり」「ひので」等に関わってこられたそうです。

第65回 コイシ塾①



タイトルは『今、太陽に何が起きているのか?~太陽観測衛星“ひので”が観た太陽~』

『107』何の数字か分かりますでしょうか?
太陽系の惑星の数なんだそうで(現在、確認されている数)
<正解は↑↑空白スペースをマウスでなぞってみてください>
また、地球から太陽までの距離は、約1億5000万 km(太陽 約107個分)あり
想像が及ばない数字が並びますが、それが宇宙や太陽の未知なる魅力なのかも知れません。
その他にも、下記のような宇宙や太陽に関することを知ることができました。
・太陽フレアがもたらす障害が、人工衛星・通信環境等にも影響している
宇宙天気予報がある
・現在は黒点の数は少ない(200年周期?/地球寒冷化??)
そのなかでも、太陽の寿命は、約100億年で現在、誕生から約46億年と聞き驚きでした。

第65回 コイシ塾② 第65回 コイシ塾③



人工衛星についても、分かりやすく解説して戴き
人工衛星からの観測は、フィルターを通して、観たいもの・知りたいものを見て
観測データを組み合わせて知りたい情報を得ている。
それは人間社会のコミニュケーションも同じかもしれないと仰っていたのが印象的でした。

最後に高山様が仰ってた、【見えているものが全てではない】は
何事にも通じる言葉でそのことを前提に多方面からの情報収集が大切だなと痛感しました。

非常に勉強になり、楽しい時間でした。
高山様、ありがとうございました。

| Trackback(0) | コイシ塾レポート

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍未来土木講演会講演福岡市北九州市コイシ塾九州未来土木五ヶ山ダムドローン3次元東京理科大国東市産学官連携研究センター大分川ダムドローンレーザーi-Constructionこいし小町三浦梅園鶴田ダム博多体験教室伊良原ダムCAD講座異業種交流夏休み京都造形芸術大学長崎:新技術・新工法講習会大分大学3次元計測フォーラム京都造形大学こどもコイシ塾道守3次元計測トプコンソキア九州びいき茶室プロジェクト大分出水市ワークショップ長崎大学産学官連携宇宙と地球と太陽スタッフ通信ファブ祭り土木別府湾会議3DCGけんせつ小町大分県経営者協会コイシ,ながさき建設技術フェア熊本建設機械施工異業種交流会九州地方発明表彰「大分県知事賞」講習会菅組様FAIS農園日経コンストラクション北九州RIEGL測量計算機土木計算機丁張マン丁張り九州3D3Dレーザースキャナー産学官測量電卓3Dレーザースキャナー大分県VZ-2000TheSpaリラクゼーションサロン丁張マンの機能商品紹介鹿島E賞大分合同新聞小倉事務所九州工業大学橋梁入社式衛星測位利用推進センタープログラミング学習ロボット京都大学南海トラフ地震五洋建設様飛島建設様つちみずき玖珠町角牟礼城跡三井物産フォレスト森林の多面的機能七島イSHITOISPARJ十時花園碧い海の会SPAR2017J3Dプリンター医工連携国東半島国見ユースホステルそうめん流し高尾山自然公園ながさき建設技術フェア2018赤色立体図九州大学まちづくりたけた30周年朝倉災害シュレディンガーの猫小石原川ダム