FC2ブログ

第68回 コイシ塾レポート「橋梁の基礎知識と風による長大橋の揺れについて」

[2020.09.23]

前回からおよそ一ヶ月ですが、第68回 コイシ塾を開催いたしました。
今回の講師は九州工業大学 名誉教授 久保喜延様です。

前回講演戴いた出光先生にご紹介いただき、
これまで様々な橋梁で設計をされてきた、久保先生にお願いしました。
タイトルは
「橋梁の基礎知識と風による長大橋の揺れについて」
     ~超長大橋の実現に向けて~

9.4コイシ塾①


基礎知識として橋の分類・種類から教えていただきましたが
普段何気なく通っている橋にも用途・材料・形式により分類があるんだなと改めて学びました。
「構造力学」、「振動学」についても模型を使いながら説明いただきましたので
用語や複雑そうな計算式はよくわかりませんでしたがイメージはできた気がします(笑)

1940年にアメリカで起きたタコマ橋崩壊事故では
19mの風によりねじれ振動し橋が波を打ちながら崩壊してしまうという映像は衝撃的でした。

また明石海峡大橋の建設時の裏話もお聞きしました。
阪神大震災時、建設中だった明石海峡大橋ですが
地震で橋脚が動き1991mになったそうです。(本来は1990m)
橋の設計をするにあたって、【風】が最大の敵ですが
タコマ橋事故から様々な研究、技術の進歩があってこそ
明石海峡大橋など色んな長大橋が建設できたんだろうなと感じます。

伊良部大橋の建設時に、景観優先ではなく
安全を第一に考えた役所の方が居たなど
自然環境との共生を考える設計者の方も多いと知り
嬉しく感じました。

先生が関わられている、角牟礼城跡地を
弊社のUAVレーザーで計測する予定ですので
今後も先生にご指導いただきたいと思います。

先生、お忙しい中ありがとうございました。


| Trackback(0) | コイシ塾レポート

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍講演会未来土木福岡市講演北九州市コイシ塾五ヶ山ダムドローン九州未来土木東京理科大大分川ダム博多鶴田ダム国東市産学官連携研究センターこいし小町体験教室伊良原ダムドローンレーザー3次元京都造形芸術大学CAD講座こどもコイシ塾夏休み京都造形大学三浦梅園i-Construction3次元計測フォーラム異業種交流道守長崎:新技術・新工法講習会大分大学九州びいき茶室プロジェクトトプコンソキア出水市産学官連携長崎大学大分ワークショップ宇宙と地球と太陽スタッフ通信3次元計測橋梁3DCG丁張り農園コイシ,ながさき建設技術フェア3Dレーザースキャナー3D九州ファブ祭り測量計算機別府湾会議大分県経営者協会鹿島E賞商品紹介南海トラフ地震京都大学3DレーザースキャナーリラクゼーションサロンTheSpaRIEGLVZ-2000丁張マン土木三井物産フォレスト産学官丁張マンの機能測量電卓土木計算機小石原川ダムまちづくりたけたながさき建設技術フェア2018赤色立体図30周年シュレディンガーの猫そうめん流し高尾山自然公園朝倉災害九州大学SHITOI入社式大分合同新聞小倉事務所衛星測位利用推進センターロボット七島イプログラミング学習碧い海の会十時花園講習会建設機械施工異業種交流会菅組様日経コンストラクション北九州FAIS熊本九州地方発明表彰「大分県知事賞」大分県3DプリンターSPAR2017JSPARJ国東半島国見ユースホステル医工連携九州工業大学森林の多面的機能けんせつ小町