FC2ブログ

第70回 コイシ塾レポート「ドイツの近自然林業から日本の森林の未来を考える」

[2020.11.10]

第70回目のコイシ塾は三井物産フォレスト株式会社 伊藤様をお迎えし
「ドイツの近自然林業から日本の森林の未来を考える」と題して講演いただきました。

伊藤様はドイツの森林学校に留学し、森林作業員の職業訓練を受け
ドイツ国家認定森林作業士資格を日本人として初めて取得されています。

11.4コイシ塾①11.4コイシ塾②

日本とドイツの違いを実で感じたからこそのお話は非常に勉強になりました。
◯教育制度の違い
・10歳で進む道の方向性を決める。
・デュアルシステム(企業で働き、給与を貰いながら職業学校で専門知識・理論を学ぶ)
・マイスター制度(手工業分野で41種、工業・サービス分野を合わせると350種)

◯日本とドイツの林業地の違い
・日本は単一樹種単層林(一斉林)、ドイツは複層混交林
・日本は明治時代にドイツから法正林思想を導入
メリット:年々計画的に伐採⇒植栽すれば安定的に木材生産ができる
デメリット:気象害や病虫害の影響を受けると全滅する危険性をはらむため。
ドイツでは上記は過去の思想となり、現在は近自然林業(自然共生型林業)

◯近自然林業(自然共生型林業)
・自然環境に負荷をかけず自然の力を借りながら行う
・将来木(形質の良い木を「将来の木」として選び、質の高い大径材を育てる施業)
・適地適木
・化学薬品の使用を極力控える
・混交林・複層林を育成
・天然更新
当たり前に思えることですが、自然に還るという意味にも思えました。

今後の自然環境を考えるうえで、山・森林の役割が如何に大切か学びました。
国土形成を考える時に、森林が大半を占める日本での森林教育が大切だなと感じました。
森林の多面的機能を貨幣評価すると70兆円/年だそうです。
(環境省公表「平成29年度企業の生物多様性保全活動に関わる生態系サービスの価値評価」)
森林の役割
<↑↑森林の役割>

我々も山や森林、河川や海など様々な現場で取得した3次元データ等々を
管理や教育などの様々な環境の方に活用いただけるように日々取組んでいきたいと思います。

伊藤様、講演ありがとうございました。

| Trackback(0) | コイシ塾レポート

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍講演会未来土木福岡市講演北九州市コイシ塾五ヶ山ダムドローン九州未来土木東京理科大大分川ダム博多鶴田ダム国東市産学官連携研究センターこいし小町体験教室伊良原ダムドローンレーザー3次元京都造形芸術大学CAD講座こどもコイシ塾夏休み京都造形大学三浦梅園i-Construction3次元計測フォーラム異業種交流道守長崎:新技術・新工法講習会大分大学九州びいき茶室プロジェクトトプコンソキア出水市産学官連携長崎大学大分ワークショップ宇宙と地球と太陽スタッフ通信3次元計測橋梁3DCG丁張り農園コイシ,ながさき建設技術フェア3Dレーザースキャナー3D九州ファブ祭り測量計算機別府湾会議大分県経営者協会鹿島E賞商品紹介南海トラフ地震京都大学3DレーザースキャナーリラクゼーションサロンTheSpaRIEGLVZ-2000丁張マン土木三井物産フォレスト産学官丁張マンの機能測量電卓土木計算機小石原川ダムまちづくりたけたながさき建設技術フェア2018赤色立体図30周年シュレディンガーの猫そうめん流し高尾山自然公園朝倉災害九州大学SHITOI入社式大分合同新聞小倉事務所衛星測位利用推進センターロボット七島イプログラミング学習碧い海の会十時花園講習会建設機械施工異業種交流会菅組様日経コンストラクション北九州FAIS熊本九州地方発明表彰「大分県知事賞」大分県3DプリンターSPAR2017JSPARJ国東半島国見ユースホステル医工連携九州工業大学森林の多面的機能けんせつ小町