FC2ブログ

9.20 第二回九州未来土木 in博多 講演レポート②

[2018.12.19]

講演Ⅱ「土木エンジニアの哲学 ―海外プロジェクトを通じて―」
今石 尚様 大成建設㈱ 土木本部 / 一般社団法人日本建設業連合会 部会⾧
9.20今石様



1957年 福岡市生まれ、1981年 九州大学工学部土木工学科卒業・大成建設㈱入社、1981年 広島支店配属(支店設計室、高速道路、原子力発電所工事等に従事)、1987年 東京支店配属(東京湾アクアライン、神田川地下調節池他シールド工事等に従事)、2005年 国際支店配属(ボスポラス海峡横断鉄道トンネル工事に従事)、2010年 技術センター配属(土木技術開発責任者)、2018年 本社技師長。
 入社以来、30年間作業所勤務、内24年間シールド工事担当、内12年間国内外で作業所長を歴任。2010年に帰国後、技術開発とシールド技術を担当しながら、大学講師を含め90回を超える講演や学会活動を通して、インフラ整備の重要さとものづくりの喜びを伝えている。建設を通して得られた地元の方々の笑顔が宝物。趣味は、絵画とワイン。海外駐在中6年間で100枚を超える水彩画を素描、2006年より収集したワインのラベルは1,000枚に届く勢い。
 今回は、地元九州に貢献できればという思いから馳せ参じた。


1.経歴について
まずは、私の経歴を説明させていただきます。1981年に入社し30年間の作業所勤務のうち24年間シールド工事を担当しました。主なもので1つは東京湾アクアライン、2つ目は神田川環状七号線地下調節池、3つ目はボスポラス海峡横断鉄道を担当しました。その後7年生産技術開発を担当し、この1年は本部付き技術⾧です。

2.技術の話
自動化の分野で、Ti-ROBO Rebar(自律型鉄筋結束ロボット)を開発しました。ホッチキスメーカーのマックス社から結束技術を、千葉工大からベースマシンを導入し、自社開発のプログラムで統合させて完成しました。またコンクリート床仕上げロボットを開発し、人のスピードの3倍でならす作業を自律化させました。

3.海外プロジェクトを通じて大成建設の哲学の話
トルコのボスポラス海峡横断鉄道プロジェクトでは、当初つり橋をかける案が検討されましたが、景観上の理由で廃案。次に安全で早いということでシールド工法が検討されましたが、海峡両端の駅が深くなるため廃案。最終的に海峡部のみ海底面ぎりぎりに設置できる沈埋函工法が採用されました。海峡部以外のトンネル部は、直径8mのシールド工法が採用されました。トンネル内には、車イスでも通れる幅の避難通路になるプラットホームがあります。上り線と下り線が別のトンネルになっているので、非常時に安全なトンネルへ避難できるようになっています。
今回のプロジェクトでは、2つの世界初となる技術が実施されました。1つ目は、コンクリートカルバートボックスを海に浮かせて船で運び沈める沈埋函の設置深さが今までで類を見ない深度60mであること。2つ目は、シールドの丸いトンネルのシールドトンネルと四角いトンネルの沈埋函トンネルを、通常では立坑を介して接合するのですが、今回は地中で直接接合しました。
未だに、沈埋函の設置深さは世界一です。

4.歴史遺産との調和(埋蔵文化財の発掘調査)
イスタンブールのアジア側ユスキュダル駅の掘削作業では教会跡と墓が発掘されました。ヨーロッパ側のイエニカプ駅の掘削作業では港跡と沈没船が発掘されました。
この発掘により、当時のトルコ最大の輸出品目はワインで、交易相手の北アメリカのアレクサンドリアから小麦を輸入していたことがわかりました。また、ヨーロッパ側のシルケジ駅の換気塔掘削作業では、まずオスマン時代の住居跡が発掘され、次いでビザンティン時代の建物跡、古代ローマ時代の遺物、8,000年前の人骨までもが発掘されました。
このように埋蔵文化時調査で遺物が発掘されることは、考古学上大変重要な物証となるため、工事よりも優先されるのが常です。
ただし、文化財が発掘されると調査団は、手掘り→3D測量→報告レポート作成→考古学の歴史博物委員会へレポートを提出という流れになり、その後委員会で、撤去or別の場所へ運んでさらに調査orそのまま残すという3通りの判断が下されます。この一連のサイクルには、遺物ごとに3か月から半年を要してしまいます。トルコではこれまで今回施工のように地中深くまで掘ることがほとんどなかった為、掘れば掘るほど古いものが出土し、そのたびに工事が止まり思うように進みませんでした。当初5年の工事予定でしたが、発掘調査で7年を費やし最終工期は9年になりました。
トルコには相続税がないため、家屋は親から子、子から孫へと引き継がれていきます。そのためにトンネル掘削予定路線上には築100年以上の古い家屋が多く存在します。これらの家屋を工事の影響から保全しなければならいないため、路線上の家屋を調査し、補強したり建て替えたりする必要がありました。
このように埋蔵文化財調査や老朽建物の保全などを通じ、トルコ文化と国民性を理解し尊重しながら工事を進める必要があったわけです。

5.土木とは
人々が暮らし、様々な活動を行うような条件や自然環境、人間環境を整えることを通じて、私たちの社会を飢餓と貧困に苦しむことなく、安心して暮らせる社会へと改善していく総合的な営みと考えます。

6.倫理
土木は、国家の経済、地理、歴史をも変えることが出来る裏付けになっており、もっと謙虚になって物事を進めなさいという事で、わが社のキャッチコピーに「地図に残る仕事」という言葉を使わせてもらっています。
人類の福利とその持続的発展は政治の役割と思いますが、我々は、土木の技術で貢献していこうと考えています。
そして、そこに求められる資質は、敏速、安定性、情熱が必要と部下に常々話しています。
私たち大手建設会社は、世界の人たちに笑顔を届けたいと思います。
***********************************************
今石さんの話を伺い、私たち日本人は、政治だけではなく土木の分野でも世界貢献をしていることを知りました。単なる技術の押し付けではなく、その国の特性を理解し尊重して受け入れてもらえるような工事であるから、世界貢献になるのだと理解しました。そのことで、同じ日本人として誇らしく思いました。

今石様、ありがとうございました。

大成建設㈱

| Trackback(0) | 講演・勉強会

9.20 第二回九州未来土木 in博多 講演レポート①

[2018.12.17]

去る9月20日、弊社講演会「第2回九州未来土木in博多」を開催致しました。
あいにくの天候にもかかわらず、131名もの方にご来場いただき、
無事に講演会を終えることができました。
これもみなさま方のお力添えあってのことと、大変感謝いたしております。

コイシニュースでは少しずつ講演会の内容を紹介させて頂きます。
今回の講演会では、産学官の3部構成にて講演頂きました。
第一部 産学官の産/
第二部 産学官の学/
第三部 産学官の官/

まずは、第一部産学官の

 講演Ⅰ「赤色立体地図とは何か
       平面が立体に見える表現が土木を変える」

 千葉 達朗 様アジア航測(株) 先端技術研究所 千葉研究室 室長赤色立体図発案者
9.20千葉様



1956年宮城県石巻市生まれ。1975年日本大学文理学部応用地学科に入学。
地質学や地形学を学ぶ。日本大学大学院に進学、博士課程満了後、
母校の副手として5年半勤務。その後、アジア航測に入社、今日にいたる。
雲仙岳、有珠山、三宅島噴火の調査や、富士山などのハザードマップ作成の仕事に従事してきた。
2002年に富士山の青木ヶ原樹海の調査がきっかけで、赤色立体地図を発明。
国内外で多数の特許を取得、海外からの評価も高い。
この図は、一枚で立体的に見えることから、
ブラタモリなどのテレビ番組で使用されることも増え、
地理院地図というウェブサイトでも表示可能となった。
趣味は写真やARTで、プログラミングも、大学で授業を持つほど。
平成30年7月から日本火山学会副会長。
最近は、地形に加え都市のビルまで示した、クールマップを発明、特許出願中である。


赤色立体地図は、以前は内臓マップだとか気持ち悪いとかよく言われていました。
なぜ赤にしたのか等詳しくお話していきます。2002年に発明し、現在16年目です。

1. ことのはじめ 「青木ヶ原樹海が母 ~赤色立体地図 独創的な手法~」

青木ヶ原樹海は富士山の北西にあり、平安時代に活発な火山活動によりつくられましたが原始林が広がっていて調査が進みませんでした。
空中写真では樹木に遮られ、正確な地形図作成困難でした。
航空レーザー計測では、ほぼ真上から地面に向かってレーザーを打つので、
木の隙間を通って地面まで到達する割合が高く、
日本の様な木が多い地域では有効でした。
従来の空中写真測量では光が届かない箇所は計測できませんが、
航空レーザー計測をすると細かな地形も表現できました。
等高線図は見にくく、尾根か谷か分かりづらく樹海に入って調査するのは
難しく危険なので、等高線を使わない方法で地図を作成する事を決断しました。

2. 「既往手法の問題 ~陰影図では遭難する~」

「陰影図は方向が逆になると、尾根と谷が反転してしまう。
尾根と谷を間違えて、遭難してしまうかもしれない」
陰影図ではない他の方法はないか検討しました。
一番可能性が高かったのは斜度図(傾斜が急な所を黒くする画像)でした。
方向に依存せずよかったのですが、尾根と谷の区別がつきにくかったため、
尾根と谷の区別をつけて斜度図に味付けすればよいのではないかと考えました。
曇った日の光「環境光」を採用しました。(病院の手術灯の様なもの)
見落としがないように、尾根や独立峰は空が広いので明るく、谷や窪地は空が狭いので暗くしました。

3. 「赤色立体地図 ~必要は発明の母 富士山で生まれた~」

赤は様々な色の中で一番、彩度がとれる色です。
明度(明るさ)と彩度(色の鮮やかさ)を赤で表示させる事によって、
目の錯覚を利用し立体感を表現でき、凹凸のコントロールもできます。
新しい工法だと思いました。青木ヶ原樹海の調査に使用していた
等高線図に赤色立体地図を重ねると、
断層や河口、道路1本1本が詳しく見え遭難せずに調査できました。

4. 「応用事例 ~可視化の効果~」

○三宅島2000年噴火
 火山ガスで植生被害 土砂災害発生、対策工事
  2時期の航空レーザー計測による微地形の変化をGIS上で認識
砂防ダムができた、滝が後退した、道路がなくなった等、色んな事が読み取れる
○北海道サロベツ湿原
 牧草地の微地形の可視化に成功
 人間の目には分かりにくい微妙な凹凸も表現
○国土地理院数値地図50m 
 航空レーザー計測以外にも応用可能
○鳥瞰図にも 新しい地形認識手段
 フルカラー画像は拡大/縮小に強い
○航空レーザー計測+ナローマルチビーム音響測深
 写真に撮影できないデータを可視化(ダム湖等)
○ブラタモリ 鎌倉の赤色立体地図
 国土地理院の5mメッシュ地形データを使用して作成

5. 「色相とは ~赤い色の理由~」

「赤・緑・青の3色が一番見やすく、その中で1番赤が人は見わけやすいです。」
3色使えない訳ではないので、ニセコのスキー場では青色立体地図を試みました。

6. 「脳内画像 ~様々なスケールのデータに適応可能」

溶岩表面の微地形[1/5000](1mメッシュ)~
プレート[世界地図](4000mメッシュ)まで表現が可能です。
 
○等高線による地形表現の終焉
・DEMデータの利用には、赤色立体地図が有効
・赤色立体地図は、1枚の地形図と重なる疑似カラー画像で、
 特別な装置なしに、どの方向からも裸眼で立体的に見える
・等高線の苦手な人、老眼・色覚障碍者にもわかりやすい
*********************************************************
赤色立体地図は、千葉様がお話して下さった様に、誰にでも分かり易く、
様々なデータに利用可能だという事が分かりました。
弊社の測量資料にも活用していき、お客様に分かり安い資料作成を提供いていきたいです。

千葉様、ありがとうございました。

アジア航測㈱

| Trackback(0) | 講演・勉強会

大分大学様 講習会 2018

[2018.07.10]

先日、大分大学様にて毎年恒例の、
GPS講習(GPS・ドローン・レーザースキャナーのデモ)を行わせていただきました。

最初のあいさつ
学生の皆さんと顔合わせ。皆さん緊張されてます

当日は雨が心配されましたが、
講習中は雨が降ることはなく、無事に講習を行うことが出来ました。
授業が必修ではなく選択科目とのことで本年度は人数が少なく、
全体で10数名程の参加でしたが、例年通り3つのグループに分かれ、
GPS・ドローン・レーザースキャナーを順番に周って頂きました。


◇GPS講習では、毎年恒例のコイン探しを行いました。

GPS1.jpg
学生の皆さんにGPSの説明中。。。

 コイン探しは、事前に埋めたコインを、GPS機材を使って探し出すものです。
 当日は人工衛星の配置が悪かったためかうまく繋がらず、
 さらにこれまでよりも巧妙にコインを隠したので、
 かなり時間がかかってしまい、学生の皆さんのみで全てのコインを見つけることは出来ませんでした・・・。
 しかし、学生の皆さんと協力して必死に探したので、見つけた際には感動が広がりました。

GPS2.jpg
あるかな~?:(


◇ドローン講習では、今年も実機(phantom)を飛ばしながら説明を行いました。

ドローン1
ドローンの説明の様子


 しかし、昨年よりもドローンを飛ばす際の規制が厳しくなったため、
 昨年新しく導入したドローン(Matrice 600)の飛行は出来ませんでした。
 大きな機体で目立つため、生徒さん方も
 「あれは飛ばさないんですね」と、少し残念そうにしておられました。

ドローン2
phantomを持っての説明中。。。


◇3Dレーザースキャナー講習では、グラウンドを実際に3Dレーザースキャナーで計測し、
 PC上で計測したデータを見ました。

レーザー1
3Dレーザースキャナーの説明中。。。


 また、どのような場面で使用するのか、使用することによる利点等も合わせてお伝えしました。

レーザー2
学生の皆さんも真剣に耳を傾けています。。。


曇っているとはいえ暑い中でしたが、
参加してくださった学生のみなさんありがとうございました。
今回の講習が、土木へ興味関心を持っていただけるきっかけになればと思います。

集合写真
最後に恒例の集合写真です。(ドローンにて撮影しました)

| Trackback(0) | 講演・勉強会

SAGA建設技術フェア2018

[2018.06.20]

6月13・14日に、マリトピア(佐賀市)にて
行われた「SAGA建設技術フェア2018」に、ブースを出展させていただきました。

2018佐賀建設技術フェア1



今年が初となった佐賀での出展ですが、今回は若手メンバーを中心に営業のお二人にもご協力いただき、例年より一層、営業に力を入れた2日間となりました。

今年は、「豊かで安全なくらしを支える建設技術」というテーマのもと、「環境」、「防災」、「コスト縮減」「維持管理」、「ICT」、「佐賀の技術」の6つの分野での開催でしたので、弊社は昨年のながさき建設技術フェア同様「ICT」の分野にて出展しました。ブースでは、3Dレーザースキャナーをメインに展示しました。

SAGA建設技術フェア2


特に3Dレーザースキャナーに興味を持たれる方は多く、
同業者の方や建設関連の仕事に興味のある学生の方など、
多くの方が弊社ブースに足を運んで下さいました。

SAGA建設技術フェア3


今回も様々なブース展示がある中、VR体験を大々的にアピールしているブースが多く目に留まりました。
ドローンを展示しているブースも昨年に引き続き多かったように感じます。(出展者一覧はこちら

初めての佐賀での出展でしたが、弊社ブースに足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

| Trackback(0) | 講演・勉強会

まちづくりたけた様:セミナー発表

[2018.03.24]

まちづくりたけた様:人材獲得セミナー2/28(水)
まちづくりたけた様が開催された「竹田市職業人材調査報告&人材獲得セミナー」に
招待戴き「こいし小町」が竹田市内で発表をさせていただきました。

まちづくりたけた様:こいし小町①まちづくりたけた様:こいし小町②
今回は働き方についてが主なテーマだったので時短で働いてるスタッフさんの
体験談・実務などをメインにお話しさせていただきました。
初めての発表という方もいて数日前から緊張の日々でリハーサルをしての本番***
写真からも緊張が伝わりますでしょうか...

3Dプリンターから出力した工事用道路
CADで作成した工事用道路を
実際に3Dプリンターで作成した模型も持参し
参加者の方に手に取って見ていただきました。

製作過程も動画で流し、皆さん興味深く見ていただきました。

まちづくりたけた様:WEBEX まちづくりたけた様:WEBEX:大分事務所

各事務所をWEBで繋ぎ事務所紹介をさせていただき、最後には代表も参加。
参加者の方々から拍手もいただきました。
まちづくりたけた様、会場の皆様に温かく見守られ
無事に終えることがでしました。
ありがとうございました。


| Trackback(0) | 講演・勉強会

« prev  | HOME |  next »

ブログ内検索

プロフィール

株式会社コイシ

Author:株式会社コイシ
記事リスト

月別アーカイブ

タグ

コイシ大分市国東市女性活躍未来土木講演会福岡市講演五ヶ山ダム北九州市九州未来土木ドローンコイシ塾大分川ダム東京理科大博多鶴田ダム体験教室国東市産学官連携研究センターこいし小町伊良原ダムCAD講座ドローンレーザー京都造形芸術大学3次元こどもコイシ塾三浦梅園3次元計測フォーラムi-Construction異業種交流京都造形大学長崎:新技術・新工法講習会3次元計測大分大学茶室プロジェクトトプコンソキア宇宙と地球と太陽出水市九州びいき長崎大学ワークショップ夏休み産学官連携大分スタッフ通信道守3D丁張りCG農園コイシ,ながさき建設技術フェア3Dレーザースキャナー3D九州別府湾会議鹿島E賞大分県経営者協会VZ-2000入社式丁張マン産学官測量電卓商品紹介丁張マンの機能リラクゼーションサロンTheSpaファブ祭り測量計算機RIEGL土木計算機3Dレーザースキャナー衛星測位利用推進センター異業種交流会碧い海の会そうめん流し高尾山自然公園十時花園SPARJ3DプリンターSPAR2017J朝倉災害シュレディンガーの猫九州大学SHITOI赤色立体図ながさき建設技術フェア201830周年まちづくりたけた国東半島国見ユースホステル医工連携日経コンストラクション菅組様講習会熊本FAISけんせつ小町北九州建設機械施工七島イロボットプログラミング学習小石原川ダム大分合同新聞九州地方発明表彰「大分県知事賞」大分県土木